2017年09月13日

【ゴルフ100切り?】骨盤を意識した正しいアドレス、スイング軌道を

スイングの安定化という面から言っても、非常に大事
フィニッシュをしっかりとって、飛距離、方向性ともに安定させましょう

正しいアドレスを取れている人は、
もしかしたら10%にも満たないかもしれません。


「そんなことはない。アドレスなんて、わかってるよ」と言う人ほど
ミスを連発するのが滑稽なところなのですが、

失敗が多い人ほどアドレスを軽視し、
上手い人ほどこの重要性に気がついています。

ためしに今、普段どんなふうに構えているか、
ちょっとやってみていただけますか?

立つスペースがなければ、頭のなかで思い描くだけでも結構です。

おそらく、足を肩幅か少し広めに開いて、手を伸ばしてクラブを握って、
やや前かがみになったのではないでしょうか。

ボールの脇にクラブフェースをあわせるともう、
ナイスショットの予感がしてきたかもしれません。

・・・実は、そのアドレスが、ミスショットの原因なのです。

もちろん、あなたの立ち姿を実際に見ないかぎりはわかりません。

でも、大半の人のお尻は、重すぎます。
わかりやすく言えば、お尻の位置が低すぎるのです。

さらには、やや前傾姿勢が取れているでしょうか?

多くの人は、前傾しているつもりで、ただ猫背になっているだけなのです。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

理想的なアドレスでは、お尻の位置をきゅっと引き上げます。

上半身を骨盤(腰に手を当てたあたり)の位置から倒し、
やや前傾させて、太ももの裏にハリを感じるぐらいがベストです。

「骨盤を前傾させてボール方向に向ける」という表現が
ピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。

猫背にならないよう、背骨もまっすぐ伸ばしてください。

なぜこのアドレスが良いのか、なぜほかのアドレスだとミスが増えるのか。

その原理を詳しく説明しようとすると、
非常に長くなるのでここでは説明しません。
(骨盤と背骨は連動して動くこと。そして、軸回転の効率の良さに関係します)

ただ、1つ言えるのは、
このアドレスをとれば、物理的な側面からそして人体の構造上、
スイング回転が一番スムーズにいきます。

逆に、このアドレスでなければ、スイング軌道がゆがみ、
ミスが増えてしまうのです。



間違ったアドレスはミスを生みやすいばかりではなく、見た目もかっこよくありません。

きっちり正しい構えをして、見た目もかっこいい理想的なスイングができるようにしましょう。

そして次に、多くの人が良かれと思って、かえってミスを生んでしまっていることとして・・・




「大きく左右に体重移動して飛距離を出せ」と
聞いたことがあるかもしれません。

実はこの表現は、大きな誤解を生んでいます。

体重移動それ自体は、いいんです。
飛距離を伸ばす大きな要因になります。

ただ、多くの人がこの体重移動がきちんとできていません。

右から左への動きを意識しすぎるあまり、軸がブレているだけだったり、
「スウェー」という動きになってしまっている人が、
ほんとうに多いのです。


これは体重移動ではなく、
「単にぶれている、ふらついているだけ」という、
非常にミスショットにつながりやすい悲しい間違いなのです。

かつて全米オープンで優勝を飾った
ディック・メーヤーというプロ・ゴルファーも次のように言っています。

バック・スイングで体重が右足に移動するのは、
腰と肩が右に”回転”するからであって、
腰と肩が右に”移動”するからではないのだ

体重移動というのは、きれいなスイングができていれば、
ある程度自然にできているものです。

背骨を軸に動いていさえすれば、スイングする一連の動きの中で、
テイクバック時には自然に右足に体重がかかり、
フィニッシュでは左足に体重が移っていきます。

だから、意識するとしたら、フィニッシュ姿勢をきちんととることです。

フィニッシュ時に左足の真上に右腰が来るイメージになれば理想的です。


【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

このように、しっかり最後まできれいにフィニッシュをとります。

ときどき、「ボールがすでに当たった後なんだから、
フィニッシュは関係ないじゃないか」と言う人がいますが、
それはとんでもない勘違いです。

そもそも、スイングはアドレスからフィニッシュまでが1セットです。

フィニッシュの動きまでを想定して
スイングを始めるのとそうでないのでは、
スイング軌道がまったく変わってきてしまいます。

つまり、ボールに当たる瞬間も、違ってくるというわけです。

最初から、きれいに振りぬいて
フィニッシュをとることを想定したスイングをすることで、
もっとも理想的なスイング軌道になります。

その結果、インパクト時のフェース面が安定してミスが減り、
最大のスイング軌道を描けることで飛距離も最大化するのです。



アマチュアのゴルファーを見ていると、照れもあるのか、
最後までしっかりフィニッシュ姿勢を取っている方はなかなかいません。

でも、スイングの安定化という面から言っても、非常に大事な部分です。

フィニッシュをしっかりとって、飛距離、方向性ともに安定させましょう。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

ステップ1で、いち・にぃ・さんのスムーズな流れを学びました。
ステップ2で、骨盤を意識した正しいアドレスを学びました
ステップ3で、スイング軌道を安定させるフィニッシュを学びました。

しかし、次に練習場に行った時に、あなたは驚くことになります。

今までとの「手応え」の違いに。
安定してまっすぐ飛んで行くボールに。

そして、「これなら100が切れるかもしれない」という予感とともに、
あなたはきっとこう感じるはずです。

「もっとしっかりマスターしたい」と。

それはちょうど、かつて「ゴルフがもっと上手くなりたい」と願い、
先輩たちに教えを請うた、2人のプロと同じように。

そしてプロは今、こう感じています。
posted by golf at 07:04 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ゴルフ100切りには?】スイング、そしてステップすべての土台と

すべてのスイングの土台となるのは
全体の動きの流れをおさえたところで、次はある意味、もっとも大切なステップ
すべてのスイングの土台となるのは、ここなのです。

もしかしたらそれは2ラウンド後かもしれませんし、
3ラウンド後かもしれません。

あるいは、次のラウンドでいきなり出てしまうかもしれません。



いずれにせよ、間もなく100切りが達成できるはずです。

なぜなら、あなたのスイングは実は、すでに80%は完成されているから。

この久田プロ・川上プロの100切りゴルフでは、
元々のあなたのスイングを活かしたスイングをお伝えしていきます。

残りの、たった20%、しかし重要な20%をちょっと修正するだけで、
スイングと球筋は見違えるはずです。

今から大層な「ナントカ理論」をイチからマスターする必要はないのです。

その証拠になるかはわかりませんが、



まず、この前提に立ちたいと思います。

人は、5つも6つも同時に意識するのは不可能です。

あなたも、きっと多くのことを意識しすぎて、
チグハグな動きになってしまった経験があるのではないでしょうか?

もし、いくつも同時に意識できると言うなら、
今ためしに「右足のつま先の感触」と「左手の中指の温度」と
「背骨の伸び」と「右の太ももの筋肉」について
”同時”に考えてみてください。

もしできたなら、あなたはきっと日本一の天才ですので、
今すぐ何かの分野で才能を発揮することをおすすめします。

だから、お二人のプロのレッスンでは、決して複雑なことを要求しません。

難しいことをやれと言われても、不可能ですし、無意味。

無駄に時間と自信とやる気を失うだけです。

だから、天才でない私たちが理想のスイングを
「自分のものにする」するためには、極力、意識する部分を減らします。

つまり、






これが上達のカギであり、
2人のプロに習った方々が短期間でスコアを伸ばしていく理由でもあります。

そのために大事なのは、

「極力、自動化できる部分は自動化していく」

ということです。

自動化というのは、意識せずとも
「無意識にその動きができる段階」にまで
落としこむということです。

人が何かのスキルに習熟していくには

「意識してもできない」→「意識すればできる」
→「無意識でできる」

という段階で進んでいきますが、
この最後の段階のものを増やしていくイメージです。

そのためには、一気にスイングの全部をつくっていくのは不可能です。

ですから、


今回はこの3ステップであなたにスイングをマスターしてもらいます。

「スイングは、もっとたくさんの過程があるんじゃない?」という意見も聞こえてきそうですが、
先ほどもお話ししたように、全部を一気にクリアするのは不可能ですし、無駄。

もっとも重要な20%だけをまず確実にクリアするのが、上達の秘訣なのです。

それでは、今からあなたのスイングを改造していきましょう。

クラブはなくても構いません。

同じようにクラブを持っていると想定して手をあげ、動きを真似してみてください。

この動きを、決してあなどらないでくださいね。

実はこの動きの中に、スイングでおさえるべき重要な要素がいくつも含まれているのです。

インパクト時のパワーをためるための捻転(ねんてん)
飛距離を伸ばすための体重移動
スイングを安定させ、スイングを完成させるフィニッシュ

などなど。理屈を考えずこの動きをやるだけでも、効果が出てしまうから驚きです。

この動きを、「いち・にぃ・さん」の3テンポで何度も繰り返してください。

まずは、クラブを握らずに、体にこの動きを定着させてください。

最初は、直立した状態で、いち・にぃ・さん。

これに慣れてきたら、今度はやや前傾姿勢をとって、
両手をあわせてスイングの形を作りながら、いち・にぃ・さんを繰り返してください。


【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

この動きをつかめば、意識しなくても、
アドレスからフィニッシュまで、正しい動きで、しかもスムーズに動くようになります。

★もっと詳しく原理を知りたい人のためだけの解説★

この動きは、スイング全体の流れです。

この動きの中に、アドレスやテイクバック
そしてフィニッシュまでのすべてが含まれています。

飛距離を伸ばすには捻転(ねんてん)、つまり体のひねりが大事です。

肩と腰の回転角度を最大にすることによって捻転差を生み出し、
パワーが出るようにする、という原理ですね。

多くの人は、スイング時にここを難しく考えすぎてしまいます。

「腰はあまり動かさないで、肩だけ大きく回して・・・」

ということを考えるのですが、結局チグハグな動きになり、
ミスショットへとつながります。

毎回毎回考えながら完璧に打つのは、ほとんど不可能に近いのです。

実は、先ほどのアニメーションのようにこの動きをするだけで、
自動的に捻転になっています。

この動きをするだけで、腰と肩の回転角度が最大になります。

したがって、自然と、飛距離の出るスイングの土台になっているのです。


【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】



このいち・にぃ・さんの動きを、何度も試してみてください。

はじめはもちろん、スムーズにいかないでしょう。

しかしその動きに習熟し、クラブを握った途端、あなたのスイングは見違えます。

さて、全体の動きの流れをおさえたところで、次はある意味、もっとも大切なステップです。

多くの書籍やレッスンでは、さらっとしか触れられていないため、
その大切さを認識している人が本当に少ないのです。

ですが、すべてのスイングの土台となるのは、ここなのです。


やっぱり、100切るスコアーには

ゴルフには、「スイング」が上達の道という事に

【ゴルフ100切りしたい】ゴルフ理論に振り回されている限りは?

ゴルフは体を使うスポーツです。

できれば、頭のなかで、
ご自身のスイングの様子をイメージしながら読んでください。



読むだけで最低3打。
頭でイメージするだけで5打。

実際体を動かして打球をイメージすると、
10打減も夢ではない。

そんな誌上レッスンを目指して書いています。

実際にこの2人の先生のスイングを実践した人は、
ほんの15分程度のレッスンで、見違えていったのですから。

今までの常識と異なる話もあり、驚かれるかもしれませんが、
すでに1万人が実践し、効果を上げている内容です。

自分の考えに固執して新しいことを受け入れられない方や、
ご自身のスコアに100%満足しているのでない限り、
どうぞこのままじっくりと読み進めてください。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

「ゴルフスクール」とか「スイング教材」と
名のつくものに取り組む人は多いですが、
本当に100切りまで達成するのはごく少数。

わざと上達しないような練習をしているのではないかと思うほどです。

ちまたで流行っているスイング理論を見てみると、
「計14個のポイントを意識しろ」とか、
「柔軟性をいかして体を大きく回転しろ」など、難しいものばかり。

もちろん、本当に実践して身につけられたら、上達するのでしょうが、
アマチュアのゴルファーが実践するには、なかなか難しいのが現実です。

ならば、ゴルフのスクールに通えば上達するかと言うと…

どこかのゴルフスクールのレッスンを受けたことがありますか?

「懇切丁寧に教えます」とうたうスクールでも、とりえは、
本当に「懇切丁寧」なだけ。

プロと言っても、教えるのが上手い人ばかりとは限りませんから、
実際、何を言われているのかよくわからない、というケースも、少なくないのです。

よく言われるように、自分がプレーするのと、
人に教えるのはまったく別の技術。

だから、もともと運動神経がいいプロなんかは、
下手なアマチュアの気持ちがわかりません。

「こんな感じで」とか「もっとバーンと振って」など、
感覚でしか説明できずこちらにはまったく伝わらない、
というケースも、実は少なくありません。

有資格者ではありながら、指導経験がほとんどない人が
インストラクターとして雇われていることもあるほど…。

もちろん、「週1回の運動代わりに」とか「健康維持に」という意味で、
健康ランド代わりにレッスンに通うなら構わないんです。

体を動かす時間はたっぷり得られますから。

でも、このページへたどり着いたあなたは、運動ができればいいのでしょうか?
そうではなく、ゴルフを上達したいんですよね?

スコアアップをし、100切りを達成し、
コースに出ても気持ちよくまっすぐ飛ぶ球を
打てるようになりたいのですよね。

それならば、漫然とレッスンに通うだけだったり、
ちまたの「実践できない」ゴルフ理論に振り回されている限りは、
ゴルフが上達する日はやってこないと言えるのです。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】
ノーモア開眼ゴルフ読本&レッスンCD