2017年09月13日

【ゴルフ100切りしたい】ゴルフ理論に振り回されている限りは?

ゴルフは体を使うスポーツです。

できれば、頭のなかで、
ご自身のスイングの様子をイメージしながら読んでください。



読むだけで最低3打。
頭でイメージするだけで5打。

実際体を動かして打球をイメージすると、
10打減も夢ではない。

そんな誌上レッスンを目指して書いています。

実際にこの2人の先生のスイングを実践した人は、
ほんの15分程度のレッスンで、見違えていったのですから。

今までの常識と異なる話もあり、驚かれるかもしれませんが、
すでに1万人が実践し、効果を上げている内容です。

自分の考えに固執して新しいことを受け入れられない方や、
ご自身のスコアに100%満足しているのでない限り、
どうぞこのままじっくりと読み進めてください。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

「ゴルフスクール」とか「スイング教材」と
名のつくものに取り組む人は多いですが、
本当に100切りまで達成するのはごく少数。

わざと上達しないような練習をしているのではないかと思うほどです。

ちまたで流行っているスイング理論を見てみると、
「計14個のポイントを意識しろ」とか、
「柔軟性をいかして体を大きく回転しろ」など、難しいものばかり。

もちろん、本当に実践して身につけられたら、上達するのでしょうが、
アマチュアのゴルファーが実践するには、なかなか難しいのが現実です。

ならば、ゴルフのスクールに通えば上達するかと言うと…

どこかのゴルフスクールのレッスンを受けたことがありますか?

「懇切丁寧に教えます」とうたうスクールでも、とりえは、
本当に「懇切丁寧」なだけ。

プロと言っても、教えるのが上手い人ばかりとは限りませんから、
実際、何を言われているのかよくわからない、というケースも、少なくないのです。

よく言われるように、自分がプレーするのと、
人に教えるのはまったく別の技術。

だから、もともと運動神経がいいプロなんかは、
下手なアマチュアの気持ちがわかりません。

「こんな感じで」とか「もっとバーンと振って」など、
感覚でしか説明できずこちらにはまったく伝わらない、
というケースも、実は少なくありません。

有資格者ではありながら、指導経験がほとんどない人が
インストラクターとして雇われていることもあるほど…。

もちろん、「週1回の運動代わりに」とか「健康維持に」という意味で、
健康ランド代わりにレッスンに通うなら構わないんです。

体を動かす時間はたっぷり得られますから。

でも、このページへたどり着いたあなたは、運動ができればいいのでしょうか?
そうではなく、ゴルフを上達したいんですよね?

スコアアップをし、100切りを達成し、
コースに出ても気持ちよくまっすぐ飛ぶ球を
打てるようになりたいのですよね。

それならば、漫然とレッスンに通うだけだったり、
ちまたの「実践できない」ゴルフ理論に振り回されている限りは、
ゴルフが上達する日はやってこないと言えるのです。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】
【100切り!ゴルフ・パーフェクトマスターの最新記事】
ノーモア開眼ゴルフ読本&レッスンCD